その他

サポーターについて

Joomla! JAPAN をボランティアでサポートして頂ける方、いろんなサポート方法があります。
詳しくは右側を参照ください。

フォーラムサポーター

あなたのJoomla!経験で培った知識をフォーラムでお困りの方がたと共有して頂けませんか?→フォーラム

コア翻訳の改善

翻訳に関するご意見・要望はフォーラムでお受けしています。翻訳活動に参加したい方はこちらをご覧ください。

ドキュメントの整備

管理画面内ヘルプとしても用いる公式ドキュメントの翻訳を行なっています。参加方法など詳細については docs.joomla.jp を御覧ください。
サポーター募集中

リーダーシップ構造変更のご提案とコミュニティからのご意見募集

リーダーシップ構造変更の提案とコミュニティからのご意見募集

2011年7月29〜31日にカリフォルニア、サン・ホセにてジョイントリーダーシップサミット(JLS)が開催されました。 多くの関心を集めた議題のひとつとして、私たちのプロジェクトのリーダーシップの構造についてでした。私たちのプロジェクトのリーダーシップの構造に何らかの変更を加えると、すべての貢献者とチームの監督と説明責任を向上させるだけでなく、チーム間のコミュニケーションと連帯感をよりいっそう強化できると大いに感じました。提案された変更は、プロジェクトのすべての分野全体の生産性と地域社会の関与の向上を目指します。

リーダーシップの構造の変更の提案

私たちのプロジェクトの現在のリーダーシップの構造への3つの織り合わされた変更で構成された提案は、JLSで合意されました。また、この提案をコミュニティに提示してフィードバックを求めることで合意しました。:

  • コミュニティ管理委員会(COC)を解散します。私たちの現在のプロジェクトのリーダーシップの構造では、オープンソースマター(OSM)ボードメンバーの追加、削除の責任はCOCにありました。
  • 新しい名前で新しい役員を形成しますので、現在の“Open Source Matters”よりもJoomla!プロジェクトにもっと簡単に関わりを持つことができます。 新しい役員の主な役割は、プロジェクトの新たに形成された運用委員会のすべての監督と説明責任を提供するだけでなく、プロジェクトの全体的な戦略と方向性を設定することです。 (次の箇条書きを参照)
  • 生産リーダーシップチーム(PLT)の監督の下で動作するプロジェクトの現在のチームのすべて、コミュニティリーダーシップチーム(CLT)、そしてOSMは委員の数に再編されるだろう。 これらのそれぞれの委員会は、取締役のプロジェクトの新しいボードの監督の下で動作するでしょう。

提案された移行計画

プロジェクトの新たなリーダーシップ構造の重要な詳細を定義するために、9名の現在のプロジェクトリーダーが一緒に働く間は、プロジェクトの現在のリーダーシップ構造はそのまま残すことが提案されました。これらの9名のプロジェクトリーダーは、それぞれのリーダーシップチームでグループに参加する代表3名を選ばれた、PLT、CLTそしてOSMからそれぞれ3名ずつで構成されます。この変更案では、最終的にリーダーシップの構造の変更のための計画合意後に制定する準備が整った時点で、これらの9名のプロジェクトリーダーが(当初外部プロジェクトリーダーシップから選ばれた2名の役員と一緒に)新しい役員にもなります。

これら9名のプロジェクトリーダーの最初の任務は、以下のような項目で決定を下すことになります:

  • 新しい役員の選出します。
  • リーダーシップ構造の変更に関する対処において必要な法的問題は何かを調査します。
  • どの既存ボードメンバーを削除して、新規ボードメンバーを追加するかの作業と同様に、役員のための用語を定義します。
  • 新しい役員に報告する委員会の初期の数、どのような責任をそれらの委員会のそれぞれが持っているか、そしてどのようなプロセスが、将来の実現可能性を秘めて将来的に委員会を、追加、削除、または結合するようになるかを定義します。
  • 最初の役員を形成する9名のプロジェクトのリーダーに参加するというコミュニティからの2名さらにボードメンバーを追加するプロセスを定義します。

次のこのプロセスにおける重要なステップはあなたからのご意見です!

この提案について、オープンかつ透明にしておくこと、そしてコミュニティからのご意見をを募集することが重要であるとJLSで合意しました。どんなリーダーシップの構造の変更を実装するかの決定が最終合意に達する、または計画を実行に移す前に、あなたやコミュニティの他のメンバーからのご意見が全面的に検討されます。

2011 リーダーシップ構造変更の提案についてのJPeopleサイトのディスカッションで、ご意見を記入して頂きフィードバックを頂くことで、これは私たちのプロジェクトの継続的な成長と成功に貢献する機会になります。

これらの変更案に同意するかしないか、または、あなたがいくつかの重要な要素が見落とされていると感じていないかを知りたいのです。反対意見があれば、代替案を提示して議論を前にすすめる手助けをしてください!

この重要な問題において我々は建設的と敬意を議論の多くのために十分な時間を許可する一方で、いくつかの点でプロセスを前方に進める必要があります。 これらの考慮事項のバランスをとるために、この議論は少なくとも10月27日まで開いたままにします。しかしその日以降はプロセスが前進し続ける可能性があります。変更が実装される前に、プロジェクトのリーダーシップは、ボード/組織新の新体制と法令/条例についての詳細をコミュニティに報告します。

最近のJoomla!じゃぱん仕様版

Who's Online

ゲスト 56人 と メンバー0人 がオンラインです

The Joomla!™ name and logo is used under a limited license from Open Source Matters in the United States and other countries. joomla.jp is not affiliated with or endorsed by Open Source Matters or the Joomla! Project.

本家コアパッケージ+日本語パックはJoomlaの非公式なローカライズ版です。
この版のサポートは作成したチームからのみで、Joomlaプロジェクトおよび Open Source Matters では保証しません。

Flag Counter